南側 正面外観
南側  正面外観 
松風町の家
所 在 地 名古屋市昭和区
家族構成 夫婦+子供(成人)2人
+高齢者(女)1人
敷地面積 177.10u (53.57坪)
延床面積 191.21u (57.85坪)
構造規模 鉄骨造3階建(重量)
竣工年月 1995年 7月
写真:田中昌彦 

この辺りは、2階建ての独立て住宅の中に、所々3階建てが混じり始めている地域である。敷地は間口8.7m、奥行き20mという、南北に長い矩形である。

道路沿いに2台分の車庫を取り、残りスペースをほぼいっぱい使っても、希望の部屋数を取ると南北に長い3階建てとならざるを得ない。そこで、この建物の北側諸室と隣地の日照、採光、通風を確保するため、北側の軒高を最低限に押さえると共に、建物の周りに、人が通れる程度の空間をあけ、中央に中庭を設けた。

その結果、掘ごたつのある茶の間は5畳ほどの狭い部屋だがトップライトの効果もあって、明るく居心地のよい部屋となった。家族のたまり場になっているようである。

縦の通路としての階段は、中庭に面して、建物の中心に置いた。この階段ホールを、風通しの良い、開放感のある空間とするため、手すりは赤く塗装したスチールの格子で構成した。


玄関 ホール   1階茶の間
玄関 ホール      
奥に中庭が見える 
  1階 堀こたつのある茶の間 
 
1階廊下
中庭に面した1階廊下 
2階 居間   2階 階段ホール
2階 居間    2階 階段ホール 


  | 前ページ | | 次ページ |  
| トップ | 独立住宅  一覧 |